読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Not so open-minded that our brains drop out.

科学とニセ科学について書くブログ

長妻厚労相がホメオパシーに言及した件

2010年1月28日の予算委員会*1長妻厚労相がホメオパシーに言及した。

問題のやりとりは民主党*2の山根隆治参院議員*3による鳩山総理への質問から始まる。

○山根隆治君
 おはようございます。
 まず、統合医療の問題について総理にお尋ねをいたしたいと思います。
 西洋医学と世界各国の伝統医療を融合させて患者本位の医療を行うというのが統合医療の基本理念だと思いますけれども、総理御自身、我が党の中の統合医療を普及・促進する議員の会の会長を務めておられまして、この問題について熱心にお取り組み今日までいただいてまいりました。そして、十の分野から勉強を民主党の中でさせていただきまして、二十年の九月には中間報告も出しているところでございます。
 総理のこの統合医療に懸ける思いというものをお聞かせいただきたいと思います。


総理は統合医療に熱心らしい。次に山根議員は窓口の一本化について長妻厚生労働大臣に見解を問う。

○山根隆治君
 この質問の通告をする際にも、厚生労働省の方においでいただいても、統合医療という質問をしても、統合医療のどの部分のお話なんでしょうか、御質疑でしょうかということで、窓口が一本化されていないというのが改めて昨日も確認をせざるを得なかったわけでありますけれども。
 私は、やはり、漢方の場合にはこの部署だ、あるいははりの場合にはこの部署だ、柔道整復の場合にはこの部署だ、あるいは音楽療法の場合はこの部署だということで分けるのではなく、厚生労働省の中において窓口を一本化するということは是非進めていただきたいと思うのでありますけれども、長妻厚生労働大臣の御見解を賜ります。


それに対する大臣の答えは以下の通り。

国務大臣長妻昭君)
 この統合医療の重要性に関する思いというのはもう総理からもかねがね聞いているところでございまして、おっしゃるとおり、今厚生労働省内で統合医療をかかわる部署というのが、例えば大臣官房の科学課、医政局の医事課、経済課、振興課、保険局医療課ということで四つほど分かれて、それ以外にも分かれておりますので、これは今後、統合医療の省内でプロジェクトチームをつくりまして、これを一本にまとめていくということで検討していくということであります。
 統合医療は、もう言うまでもなく、西洋医学だけではなくて、伝統医学、漢方、鍼灸、温泉療法、音楽療法、芸術療法、心身療法、自然療法、ハーブ療法、ホメオパチーなどいろいろな広がりがあるものでございまして厚生労働省といたしましても、この二十二年度の予算でかなりこれまで以上に、研究分野の統合医療の研究について十億円以上の予算を計上しまして、その効果も含めた研究というのに取り組んでいきたいというふうに考えております。


長妻大臣の御見解ではホメオパシーは統合医療に含まれるらしい。しかも、そのホメオパシーを含む統合医療の研究に予算をつけて"その効果も含めた研究"に前向きな姿勢が示された。

ホメオパシーのどこが医療なのか。効果がないと事実上証明されている*4もののどこが医療なのか。ホメオパシーとともに列挙された統合医療の関係者のうち、自分のところはインチキじゃないと本気で思っている人がいるのなら、同列に挙げられたことに抗議の声を挙げた方がいいと思う。

そして、医療と科学研究と税金の使い道に感心がある人は、すでに効果がないことが原理的に明らかで、実際に効果がないという結果が臨床的にも出されているホメオパシーという偽医療の研究に税金が投入されるかもしれないという呆れた現状を注視した方がいいと思う。私はそうしようと思う。

ただホメオパシーの名前が挙がっただけ?

もちろん長妻大臣は医学の専門家ではないし、もしかすると何かの文献でたまたま列挙されていたホメオパシーを深く調べずに不注意で挙げてしまっただけかもしれない。今後、実際に研究対象の選定が行われる段階で専門家によるふるいにかけられて、真っ当な統合医療の研究だけが行われるという可能性もある。しかし、同時に、長妻大臣がホメオパシーに言及したという事実だけで、ホメオパシーの宣伝材料として利用されてしまう可能性だってある。現実にホメオパシージャパン株式会社系の団体は早速この発言をウェブサイトで引用している。

2010年1月28日の国会予算委員会で、長妻厚労相が欧米に比べ取組みが遅れている統合医療に関してプロジェクトチームを省内に設置する意向を示し、各種の統合医療の科学的エビデンスの検証を22年度から予算を計上し行っていくとの話があり、対象となる療法に、ホメオパシーの名もあげられました。

(引用元: http://www.jphma.org/fukyu/20100206_evidence/)


もしかすると「大臣が研究に予算をつけるくらいホメオパシーは期待されている」と宣伝されるのは時間の問題なのかもしれない。答弁はできるだけ精密にお願いしたいものだ。

*1:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/174/0014/main.html

*2:民主党と言えば、過去にも民主党鈴木寛参院議員が自身のウェブサイトでホメオパシーに言及したことが指摘されていた。http://d.hatena.ne.jp/kmori58/20090709/p2

*3:過去に国会でUFOについての質問をしたことでも話題になった。(http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/162/0002/main.html) メーリングリストでは「もし高度の科学技術を学べるのであれば人類の福祉向上にも役立てる筈」との立場で議論を展開するつもりだったことが明かされている。(http://www.melma.com/backnumber_49377_1683037/)

*4:A. Shang, et al. , Lancet 366, 726 (2005).

広告を非表示にする