読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Not so open-minded that our brains drop out.

科学とニセ科学について書くブログ

「出来るだけ、放射能は怖いと思えるような文章」をブログに書くだけの簡単なお仕事をしてくれる"責任感"のある方を業者が募集中

在宅ワークの求人サイト@SOHOに以下のような求人が掲載されている。

掲載日時 
2012/01/12(木) 10時31分
募集期限 
2012/01/13(金)   (あと 1 日です)
件数
案件の参照数:12761件 案件の応募数:3件  発注者からの返信数:2件
業務の種類 
ブログ記事・アフィリエイト記事作成
勤務形態 
在宅
募集地域 
全国
【被災地応援!】被災地の方に積極的に発注を考えている募集者様です。
募集人員数 
9
未経験可否 

報酬(予算) 
2000/単位:案件毎
内容 記事の内容と致しまして、東日本大震災によっておこった放射能に関する記事になります。

出来るだけ、放射能は怖いと思えるような文章でお願いします。
また、文章中に指定するリンクを張って頂きます。

1記事 800文字以上
1記事あたり500円になります。
それを4記事作成をして頂きます。

未経験&初心者の方でも大歓迎です
気軽に始めれるお仕事です

お仕事の内容といたしましては、
アメブロ・FC2ブログなどのブログ記事をこちらが提出したキーワードにそって執筆していただくお仕事になります。

<対象>
・全国どちらの地域の方でもOK
・インターネットは高速回線であることが望ましいです。
・パソコンの基本的な操作ができる方。
・学歴、年齢問わず(子育て中の方など歓迎します)
責任感を持ってお仕事して下さる方。
・報告連絡相談をきちんとできる方
・納期を守っていただければ、いつどこで作業をしていただこうと自由です。
・できれば、長くお付き合いいただける方。

<こういう方はご遠慮ください>
・友達にメールする感覚(ビジネス感覚のな・・・・・・

<<続きを見るには、メンバー登録(無料)が必要です。>>

(引用元: http://www.atsoho.com/jobinfo/detail/no-41724.html 太字の赤字による強調は引用者による。)


早い話が"お金を払うから放射能の危険を煽るようなブログ記事を書いてくれ"という卑劣極まりない依頼だ。


放射線が多かれ少なかれ危険性を有しているのは事実だし*1、その危険性を伝えるのは必要な事だ。一方で、そのような記事の中に不正確なものが含まれているのは歓迎せざる事実だが、不安を感じている人がその感情の発露としてそのような記事を書いてしまうのは*2理解できることだ。


しかしながら、この仕事によって、結論ありきの「出来るだけ、放射能は怖いと思えるような文章」が生産されることを誰が容認・擁護できるだろうか。


被災者を食い物にする仕事の依頼であるにも関わらず、「【被災地応援!】被災地の方に積極的に発注を考えている募集者様です。」などと恥ずかしげもなく表示してしまう無神経さには開いた口がふさがらない*3。「子育て中の方など歓迎します」というのが、放射能に敏感な子育て中の人が共感しやすい文章を書いてくれる人を期待しているためだ、と考えるのは邪推がすぎるだろうか。いずれにせよ、こんな反社会的な求人を出している側が、雇われる側に責任感を求めているというのは、もはや滑稽ですらある。


なお、この業者の社名は、この求人サイトに無料会員登録すれば簡単に見ることができる。ここでは社名を書くことは控えるが、この業者は水を販売する業者である。

*1:非常に微妙の放射線が人体にどんな影響をどの程度与えるかは十分に解明されているとは言えないが、それ相応の危険がある仮定して被曝量を最小限に抑えるのが放射線・放射性物質を利用するときの鉄則である。ましてや原発周辺の人達が余計な被曝をせざるを得ない状況にあるのがいいことであるはずはない。

*2:容認できないにしても

*3:この求人サイトにある複数の求人に同じ文言が見られることと「募集者様」としていることから、これはサイト側が用意した文だと思われる。サイト側の人間が意図的に付記したものなのか、求人を出す側の判断で追加できる文言なのかは分からない。