読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Not so open-minded that our brains drop out.

科学とニセ科学について書くブログ

ニセ科学だらけの桃太郎

昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。
おじいさんがディプロマミルへ学位を買いに、おばあさんがEM団子*1を投入されて無駄にBODが上昇した川へ洗濯に行くと、川上から大きな桃がルイセンコルイセンコと流れてきました。

「あれまあ、大きな桃だこと。きっと完全無農薬の奇跡の*2桃に違いない。」

家に持ち帰って桃を割ってみると、桃の中からインナーチャイルドが生まれてきました。

「桃から生まれたから、名前は桃太郎にしましょう」

シュタイナー教育*3を受けて、すくすくと育った桃太郎は、ある日おじいさんとおばあさんに言いました。

「おじいさん、おばあさん。僕は鬼ヶ島へ鬼退治に行ってきます」

桃太郎が鬼ヶ島ヘ向かっていると、向こうから犬が江戸しぐさ*4に倣って道の隅を歩いてやってきました。


「桃太郎さん桃太郎さん、狂犬病ワクチン、ひとつ私にくださいな」

桃太郎はワクチンの代わりに副作用の心配のないホメオパシーのレメディを与え*5、犬を家来にしました。
桃太郎は、続いて猿に出会いました。猿は誰に教えられるでもなくレメディをリクエストしてきました。

「桃太郎さん桃太郎さん、お腰につけたホメオパシック・レメディ、ひとつ私にくださいな」

百匹目の猿*6を家来にした桃太郎は、続いて朝日新聞Webronzaのホメオパシー肯定キジ*7に出会いました。

「桃太郎さん桃太郎さん、スイスでは牛にも使われるホメオパシック・レメディ、ひとつ私にくださいな。」


犬と猿とキジを家来にした桃太郎が鬼ヶ島ヘ着くと、そこでは鬼達がニセ科学批判の真っ最中。桃太郎は鬼達に向かって言いました。

「ガリレオが天動説を唱えた時もそう言われたんだ!」*8

いっせいに鬼達に跳びかかりました。

イヌは鬼に噛みつき、西洋医学は万能じゃないんですよ!
サルは鬼をひっかき、悪魔の証明を要求!
キジは鬼の目をつつき、後釣り宣言!


「あはは、私の腹筋は限界だ、許してくれえ」


こうして桃太郎達は鬼を科学教信者*9と決めつけ、幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

(元ネタ: クソリプだらけの桃太郎 - ナナオクプリーズ )

広告を非表示にする